しっかりまとまった文章を書くためにはこうする【文章の書き方】

※前田安正『しっかり!まとまった!文章を書く』を参考にした

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 今回ご紹介するのは「短くしか書けない人のための文章術」です。
 「なぜ」「どうして」を押さえる、など基本をしっかり意識すれば、どなたでもある程度の分量の「まとまった文章」は書けるはずです(たぶん)。
 それではポイントを以下に述べていきます。

短くしか書けない人の文章術【ポイント】

5W1Hを意識し、足りない要素を継ぎ足す

 5W1Hとは、What(何)、Where(どこ)、When(いつ)、Why(なぜ)、Who(誰)、How(どんな)のことです。
 短い文章はこれらのいずれかが欠けていることが多いです。
 5W1Hの足りないものを補うことで、長い文章にすることが可能です。

<例>ハンバーガーを食べました。

<改善例1>私は(Who)今日の昼に(When)、自宅近くのお店で(Where)大きな(How)ハンバーガーを食べました。割引クーポンを持っていたからです(Why)。

<字数の増加>13字→49字

Why(なぜ?)を書いていくと、文章は自然にどんどんつながっていく

 ある文章を書き、(次はどうやってつなげようかな?)と悩むことがあります。
 そんなときに役立つのがこの方法です。

<例>ハンバーガーを食べました。

<改善例2>ハンバーガーを食べました。なぜなら駅前に新しいハンガーショップができていたからです。私は新しいものが好きです。新しいものに触れるとき、とてもワクワクするからです。

<字数の増加>13字→81字

「伝えたい感動」を具体的に表現する

 「意味」をきちんと含ませることは、文章をよりよく見せる上で非常に有効です。
 意味のない文章を読まされるのは、ほとんどの場合苦痛です。
 「伝えたい感動」をしっかり表現することは、文章を長くするだけではなく、それを読んだ人が受ける印象を良いものにします。

<例>ハンバーガーを食べました。

<改善例3>ハンバーガーを食べました。お肉がジューシー、野菜がシャキシャキ、バンズがふかふかで、私が今まで食べたものの中で一番だと思いました。今度一緒に食べに行きませんか。

<字数の増加>13字→80字(さりげなくデートにも誘えます)

つなぎ(順接)の「が」を使わない。文を二つに分ける

 順接の「が」は、話し言葉では自然に使われますが、書き言葉ではあまりよい使い方であるとは言えません(ちなみに、この文章の「が」は逆説の「が」です)。

<例>悩んだのですが、ハンバーガーを食べました。

<改善例4>お昼に何を食べようかな、と私は悩みました。友人に誘われたので、ハンバーガーを食べました。

<字数の増加>21字→44字

数字やデータを活用する

<例>ハンバーガーを食べました。

<改善例5>550円のハンバーガーを食べました。話題のハンバーガーレストランのものです。聞くところによるとそのチェーン店は今年、日本に店舗を3つオープンしたらしいですよ。

<字数の増加>13字→79字

「起承転結」に当てはめて考えてみる

 「起承転結」はとても便利な考え方です。
 「起」で状況を説明し、「承」で話を膨らませる。
 「転」で意外なところへ展開し、「結」で締めます。
 慣れるまで苦労するかもしれませんが、私はこの書き方が大好きです。しばしば使っています。

<例>ハンバーガーを食べました。

<改善例6>朝から何も食べていないことに気がつきました(起)。パンを食べようと思って街に出ました(承)。しかし行きつけのパン屋さんは定休日でした(転)。隣にハンバーガーのお店ができていたので、そこでハンバーガーを食べました(結)。

<字数の増加>13字→97字

おわりに

KKc
最後までお読みいただきありがとうございました。

 内容の膨らませ方、文と文のつなげ方、書くべきことの引き出し方など……
 『しっかり!まとまった!文章を書く』は自由自在に書くための基本を教えてくれる本です。
 しっかり読み、実践してみることで(文はこうしてつないでいけばいいのか!)と眼から鱗が落ちるかもしれません。私はコンタクトレンズをつけたまま読みましたが、それが落ちました(嘘です)。
 ちなみに私は特にハンバーガーが大好きだというわけではありません。

過去に書いた「読書感想文」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク