太宰治『女生徒』【読書感想文】あらすじ付

※引用はすべて太宰治『女生徒』青空文庫による

スポンサーリンク

あらすじ

 これは、ある女の子が朝起きてから寝るまでの小説。
 起きて、布団をあげ、鏡で自分の顔を見る。
 犬ををかわいがり、部屋を掃除し、ごはんを食べ、新聞を読む。
 登校し授業を受け、バスに乗って帰る。
 夕食(ロココ料理)を作り、風呂に入り、月を見ながら洗濯をする。
 そして就寝する。
 <おやすみなさい。私は、王子さまのいないシンデレラ姫。あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか? もう、ふたたびお目にかかりません。

読書感想文(1200字,原稿用紙3枚,60行以内)

KKc
「太宰治は天才だと私が思うところ」

 太宰治『女生徒』の語り手の少女は、日常の何気ない動作のたびにあれこれ考え事をします。犬はグミを食べないだとか、女性の人生についてだとか、新聞広告の文章についてだとか、など。

 私は『女生徒』を読んで、よくこんなにいろんなことを考えられるな、と思いました。キレイな先生を見て「風呂敷みたいにキレイ」なって、絶対考えないなと思います。

 でも、そんな意外性のあることばかりではなく、私たちもたぶん、普段の生活で同じように考え事ことをしているんじゃないか、とも思いました。そんなふうにたくさん考えたことを自覚していないだけだと思います。記憶に残るような面白いことを考えていないんじゃないかな、と思います。

 脳みそが記憶できる量には限りがあると聞いたことがあります。たとえば一年前の今日、なにを考えていたか思い出せますか。私は思い出せません。同じように、私たち人間は毎日(というか毎瞬間)考えたそばから忘れる動物なのだと思います。

 <あさ、眼をさますときの気持は、面白い。>
 太宰治『女生徒』はこの一文から始まります。ある一人の女の子(中学生くらい?)が朝目覚めてから夜眠りにつくまでの物語です。彼女は父親を亡くしており、母親と二人暮らしをしています。兄弟はいないみたいです。

 さて、私が好きなマンガ『バクマン。』では「何気ない日常を面白く描ける作家がいちばんすごい」ということが書いてありました。この小説はまさにそんな「何気ない日常を面白く描いたもの」だと私は強く思いました。

 <出がけに、うちの門のまえの草を、少しむしって、お母さんへの勤労奉仕。きょうは何かいいことがあるかも知れない。同じ草でも、どうしてこんな、むしりとりたい草と、そっと残して置きたい草と、いろいろあるのだろう。可愛い草と、そうでない草と、形は、ちっとも違っていないのに、それでも、いじらしい草と、にくにくしい草と、どうしてこう、ちゃんとわかれているのだろう。理窟はないんだ。女の好ききらいなんて、ずいぶんいい加減なものだと思う。>

 この場面なんて、ただ草むしりをしているだけのシーンです。雑草を抜いている文章から、女性についての文章に自然にシフトしていて、それでいてつまらなくなく、ちゃんと面白さがあります。太宰治が天才だと今でも言われるのは、このような一見平凡に見える描写にも優れたところが観察されるからだろうと思いました。

(57行,原稿用紙2枚と17行)

おわりに

KKc
お読みいただきありがとうございました。

過去に書いた「読書感想文」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    あまり詳しくはありませんが、何気ないことを上手く描くというのは絵画にも言えるのかなと思います。私の一番好きな画家はルノワールですが、彼の絵には劇的な聖書のシーンだったり、モネの見つめた光の移ろいではなく、普通の生活風景を描いています。ピアノを弾く女性だったり、街中を歩く人だったり本当に平凡。なのに、幸福に満ちて輝いて見えるんですよね。当たり前のもので感動させるのは、才能が無いとできないと思います。

    そして、『カラマーゾフの兄弟 2』を読みました! 
    まず、スネギリョフの金と名誉に対する錯乱や、紳士の葛藤でよくもあそこまで人間の心の動きと衝動を表現できるなと感心しました。
    次に大審問官です。キリストに向かって「あんたが残した、人間が持て余してしまう自由なんてあるから人は苦しむんだ。自由は素晴らしいものだが、それよりもみんなは食っていけることを望む。だから人は従ってればパンを与えてくれる支配者を求めるんだよ。あんたの奇跡の下ならみんなが仲良くできたのに、よくも奇跡に縛られない自由な世界なんて作ってくれたな。あんたは人間に期待し過ぎたんだよ!」と言うなんて強烈ですねぇ。キリストをどこまでも信じているのに、信じたいのに、でも納得できないイワンの気持ちがよく伝わってきます。しかも、ラストでのキリストとは違う道に行くという宣言に、キリストが慰めのキスだけして無言で去るシーンの切なさったらない!
    そして、これだけ書いておきながらまだ物語が半分まで来ていない!? ドストエフスキーは恐ろしい作家ですね……。

    • KKc より:

      ルノワールってそんな画家だったんですか。絵画に明るくないので勉強になります……
      大事なのは題材ではなく視点や表現方法だと『女生徒』を読んでつくづく思いました。

      『カラマーゾフの兄弟』! 読むの早いですね!
      長文コメントありがとうございます。
      キリストの接吻のシーンは私も強く印象に残っています。
      無言で去ってしまうから、いろいろ解釈してしまうんですよね。
      あぁ、読みたくなってきました……!