【800字書評】東山彰良『ブラックライダー』|ステーキか毒杯か

ステーキか毒杯か

KKc
東山彰良『ブラックライダー』の800字書評です。

 

 『ブラックライダー』は文明が崩壊した後の世界を描いた作品である。
 「いままでのこと」が通じない世界では、私たちはどのように振舞えばいいのかわからない(当たり前だけど)。私たちはなにか行動を立ち上げるときには、(無意識に)前回までのことを参照しようとしてしまう。それは「学習」と呼ばれることの成果である。

 

 そうしてしまうこと自体は、人間として自然な行動だけれど、「いままでのこと」が通じない、『ブラックライダー』のような世界では、「いままで」と同じように行動することは最適解ではなく、むしろ命取りであることさえある。

 

 人類のほとんどが死に絶えた後、十数年の歳月とともに『ブラックライダー』の世界では一応、「秩序のようなもの」を建設することに成功した。
 食糧難を解決するために、牛とヒトを掛け合わせる。新たに発生したのは、そこで生まれた生物を食べてもいいのかという問題だった。

 

 「いままで」(というか私たちの生きる現代)のルールでは、ヒトを食べることは禁忌である。しかし作中では食べられる。この乖離は「フィクションだから」と通過することもできるが、立ち止まって考えてみる時間は無駄ではない。

 

 そのとき考察するべきなのは「食べることの是非」はもちろんだが、それに加えて「食べざるを得ないような状況に陥ったときにどう振舞うか」だと思う。

 

 そのような世界において私たちが飢えているとして、目の前に「それ」が置かれたときに第一に考えるべきなのは「食べるのが善か悪か」よりも「食べるかどうか」である。命を選ぶか正義を選ぶか。生き延びて希望を紡ぐか、ソクラテスのように倫理的に死ぬか。
 そのような思考の先に見えてくるのは『ブラックライダー』は私たちにとって「ステーキか毒杯か」という質問である。

(748字)

 

作品情報

著者:東山彰良

 

おわりに/h2>

KKc
お読みいただきありがとうございました。

 

800字書評一覧」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

2 COMMENTS

けy

未来系のSF作品は、数はそこまで読んでませんが、結構好きです。
私のお気に入りは『時計仕掛けのオレンジ』です。また、他に読んだ作品だと『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』がありますが、どちらも倫理観に重きを置いていました。SFでは世界設定が自由であるため、倫理観を突き詰めていけるという点で優れたジャンルだと思います。
食に関する倫理観というのは面白いですね、気になりました。

返信する
KKc

『時計仕掛けのオレンジ』と『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』!
どちらも積んでます(とほほ)。
倫理観を問うようなSFがお好きなんですね。
確かにSFはその点で優れているかも。星新一もそんな作品が多い印象です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です