伊坂幸太郎『死神の精度』―死神のものさしはけっこうゆるゆる

スポンサードリンク


※引用はすべて文藝春秋による

スポンサーリンク

『死神の精度』あらすじ

「俺は、晴れを見た例しがないんだ」
(213頁)

 『死神の精度』の主人公はミュージック好きの死神・千葉。
 彼はいわゆる雨男である。「仕事」をするとき必ず天気が悪くなる。

KKc
 死神の仕事とは、人間の生死を決めること。

 千葉は7日間の調査の後に「可」すなわち予定日に死ぬ、か「見送り」すなわちまだ生かしておくかを判断する。

 千葉はどこまでもクールで、調査対象の人間に共感しないし、寄り添いもしない。
 しかし物語は温かく、面白い。
 『死神の精度』は短編集だが、どれを読んでも楽しめると思う。

『死神の精度』収録短編

1.死神の精度

 クレーム処理に悩むOL。コインの表と裏で運命を決める。

2.死神と藤田

 ヤクザ・藤田が仁義を通す。

3.吹雪に死神

 吹雪による密室推理もの。アリバイと死因は?

4.恋愛で死神

 片想いの結末は?

5.旅路を死神

 十和田湖、奥入瀬へGO!!

6.死神対老女

 「あなた、人間?」と死神の気配を察する老女。

スポンサードリンク

『死神の精度』名言

 全体を通して死神・千葉の発言はどこかズレていて面白い。

KKc
 たぶん人間界に慣れていないため?

「何かするたびに、天気が雪になる男のことか?」
(29頁)

「年貢制度は今もあるのか?」
(44頁)

「人が生きているうちの大半は、
人生じゃなくて、ただの時間、だ」
(174頁)

「でもね、昔何かの映画で言ってたけど、
ちょっとした微妙な嘘は、誤りに近いんだってば」
(274頁)

スポンサードリンク

関連リンク

Twitterやってます。
『死神の精度』は図書館で手にとって、そのまま一気に読みました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク