東野圭吾『予知夢』―感情は世界を動かせないが人は動かせる

スポンサードリンク

※引用はすべて文春文庫による

スポンサーリンク

『予知夢』あらすじ

深夜、16歳の 少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。

とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。

その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。

果たして偶然か、妄想か……。

常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

(裏表紙)

 『予知夢』は前作『探偵ガリレオ』に続き5つの章からなる短篇集だ。

 とはいっても前作を読んでいる必要はまったくない。

KKc
予備知識はいりません。

 大まかなあらすじは以下。

第一章 夢想る ゆめみる 子どもの頃夢で見た女性に17年後めぐり会い、ストーカーとなる
第二章 霊視る みえる 交際中の女性の霊を見て、虫の知らせだと直感する
第三章 騒霊ぐ さわぐ ポルターガイスト現象
第四章 絞殺る しめる ホテルで死体となって発見された人物と、火の玉との関係とは
第五章 予知る しる 女性が首吊り自殺をする夢を、ある少女が見る

KKc
※以下はネタバレを含みません。

スポンサードリンク

『予知夢』感想

 すべてのオカルト現象に「ガリレオ」湯川は論理的な説明を試みていく。

 彼は次のように語る。

すごい偶然が起きた場合、

それはもしかすると必然だったのではないかと考えてみるのは、

科学の世界では常識なんだ。

(88頁)

 湯川は科学者として偶然を偶然ととらえず、オカルトを理解を超えたものととらえない。

 そこに科学者としての矜持が感じられる。

 また、「第五章 予知る しる」はとても不気味な結末を迎える。

 いつものように湯川が真相を暴いて終わり、という話ではない。

 読んで絶対に後悔はしないと思う。

東野圭吾『予知夢』名言

「何をしているんだ」

「見ればわかるだろう。綱引きだ」

(22頁)

「終わったようだな」

「うん。いやな仕事だった」

「だからこそ給料をもらえる」

(82頁)

「ある音響機器メーカーで、こんな奇妙なデータが得られた。

ラブホテルに納入されたステレオは、通常よりもずっと早い時期にガリが出るというものだった。

優秀な研究者たちは必死になってその原因を調べた。そしてついに一つの結論に達した」

湯川は人差し指を立てた。

(112頁)

「だとしたら面白い。非常にね」

その言葉とは逆に、物理学者の目は笑っていなかった。

(188頁)

スポンサードリンク

関連リンク

Twitterやってます。

『予知夢』はガリレオシリーズでいちばん好きです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク