書評POPの書き方【読書感想の書き方】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 「書評POPとは?」とお思いになられるかもしれません。
 本屋さんの棚の周辺に、本が積まれているところがあります。あそこに立ててあったり、あるいは貼り付けてあったりするものです。あんな感じのやつです。
 おわかりになられたと仮定して話を進めます。
 今回はその「書評POPの書き方」の記事です。
 (仕事で書かねばならない!)や(POPコンクールに応募、大賞に選ばれ図書カードをもらいたい! 本を買う金が欲しい!)などの悩みに役立つことうけあいです。たぶん。

POPを書く手順【3ステップ】

1.(自分の感想を)一言で表す

 インパクト、大事です。
 <シリーズ累計1300万部突破>とか<こ、これが! 芥川受賞の衝撃作!>とか<絶対に泣ける!涙ぼろぼろ!>とか、自分にとって(これは……!)と思うような一言でその本を言い切ってみます。
 キャッチコピーを作るような感覚で、よいと思えるようなものができるまで何度でも試行錯誤します。

2.1で書いたものの説明を書く

 1で納得できるようなものが作れたなら、あとはそれを補足するような文章を書くだけです。
 本文中の印象的な箇所などを引用するのもいいです。
 だいたい200~300字程度の分量がいいと思います。
 足りないところは絵などで埋めます。

3.イラストや写真を入れたり、カラフルにしたりして、ポップに飾る

 名は体を表す。POPはポップでなければなりません。
 一目見た人が(おっ?)と足を止めるような華やかさを目指します。
 絵が書けない方は、写真やマスキングテープに頼るのもよいでしょう。

POPの例

KKc
というわけで書いてみました。約200字です。

桜の樹とベンチ

 <選択だけが人生だ>
 春を選んで咲く花の名を持つ少女・桜良は、膵臓の病で余命わずか。
 友達がいない「僕」は、ひょんなことから桜良と一緒に過ごすことになる。
 「君の膵臓をたべたい」
 これは、彼が心からそう思うための、選択の物語。
 <もし、僕の本当の初恋の人みたいな女の子がまた現れたなら。今度こそ、その子の膵臓を食べてもいいかも。>(278頁,住野よる『君の膵臓をたべたい』双葉社)

【関連リンク】「住野よる『君の膵臓をたべたい』【読書感想文】

おわりに

KKc
最後までお読みいただきありがとうございました。

 POPでなくとも、日常の中で短い感想を書かねばならない機会は、そこそこあります。
 そんなときにスラスラと書けるようになりたいものですね。

800字書評一覧」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    膵臓を食べたい……ものすごくインパクトのある本ですね。
    気になりました。
    短い文で的確に言いたいことを伝えるというのは大切なこ
    とだと思います。長くてつまらない文とか最悪ですからね。

    • KKc より:

      そうそう。『君の膵臓をたべたい』はタイトルのインパクトなら今年発売された本のトップレベルだと思います。
      内容の好みは人それぞれだと思いますが、私は好きです。