米澤穂信『満願』あらすじと感想|緻密に滲み出す狂気

※引用はすべて米澤穂信『満願』新潮社単行本による

スポンサーリンク

あらすじ

 表題作「満願」を収録したミステリー短編集。

  • 夜警
  • 死人宿
  • 柘榴
  • 万灯
  • 関守
  • 満願

 じわじわと滲み出てくるような狂気を感じられる作品群。

感想

夜警

葬儀の写真が出来たそうです。
(「夜警」7頁)

 「警察には向かない人びと」と題したい気もする。
 物語全体に伏流する「嫌な感じ」。どこまで読んでもその影は拭えない。本書に収められた小説はすべて、徹頭徹尾、「暗い話」である(とらえ方は人それぞれだとは思うけれど)。
 さて。「死人に口なし」とは言うけれど、口があったとしてもおそらく真実を話してはもらえないだろう。

死人宿

佐和子の居所がわかったと聞いて、取るものも取りあえず家を飛び出したのは、残暑の名残が長く尾を引いた九月終わりのことだった。
(「死人宿」59頁)

 自殺志望者が集まるという宿に泊まる男。そこに遺存する死の気配。

柘榴

両親はどちらも一目を引くほどの顔立ちではなかったが、母方の祖母が若いころ、小町娘として新聞に載るほど評判だったという。
(「柘榴」101頁)

 ペルセポネに自らをなぞらえる女。人は物語から離れて生きられないのかもしれない。
 物語に自分の人生を沿わせるということは、自らの行為の後ろ盾を獲得することと同義だ。
 それはまるで添え木のようなもので、生きている間に腐ってしまわぬ保証はどこにもない。

万灯

私は裁かれている。
(「万灯」141頁)

 殺人者の告白。
 裁きとは、裁かれている自覚だけで成立するのかもしれない。

関守

エンジンを止めると、歌声も止まる。
(「関守」225頁)

 精密な構成・伏線。私はこれが6つのうちで最も優れていると思う。
 読んでいる最中は無意味なセリフに見えた「……」までも、計算に織り込まれているような気がする。

満願

待ち侘びていた電話が入ったのは、午後の一時を過ぎてからのことだった。
(「満願」283頁)

 表題作。
 人間は大切なことに関しては、原因と結果を取り違える。そんなことを思い出した。

おわりに

KKc
お読みいただきありがとうございました。

おすすめ小説リスト」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク