【800字書評】岸見一郎 古賀史健『嫌われる勇気』|嫌われる。あえてね。

スポンサーリンク

嫌われる。あえてね。

KKc
岸見一郎 古賀史健『嫌われる勇気』の800字書評です。

 アドラーはフロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される。
 アドラーによると、すべての悩みは対人関係の悩みに帰結する。

 対人関係を考えるうえでまず省みるべきは、自分に何か改善の余地があるのではないか、である。人生すなわち自らの生を決定していくのは、他ならぬ自分だ。したがって自身が直面する問題に対する答えも、自分で探し出し、その手で導き出していくべきものである。最初から他者に頼ってはいけない。

 自身を振り返り、それでもなお「あちらが間違っている」と断言できるのであれば、それを指摘するべきである。
 ただし、決して感情的になってはいけない。感情に任せて放たれた言葉が他者を動かすことは稀である。論理的に説得を試みるのが一番の近道だ。

 もしそれがビジネスシーンでのトラブルであれば、対人関係を改善することのハードルはとても低い。一緒に仕事をするということには「利潤の獲得」という共通の目的がある。その目的を共有しているため、パーソナルな関係よりも往々にして、関係の良化がされやすい。

 さて、関係が改善されたとしても嫌われるということもある。関係が修復したような状態にありながらも、水面下では嫌われているという状態もまた、人生でしばしば起こりうる。

 嫌われることは苦しい。嫌われるということは、他者に嫌悪感を抱かれていることを知るということは、私たちの精神を大きく損なう。できれば嫌われずに生きていたいと誰もが願う。

 しかしアドラーの重視する「自分の生き方を貫くこと」を実践していくためには、多少は誰かに嫌われることを覚悟しなければならない。嫌われることを恐れずに、自分の人生を選択していく。本書が鼓舞するのはそのような「嫌われる勇気」である。

 別に「嫌われる」こともそんなに悪くはないと私は思う。「憎さ余ってかわいさ百倍」とも言うことだし(言わないけど)。

(790字)

作品情報

著者:岸見一郎 古賀史健

おわりに/h2>

KKc
お読みいただきありがとうございました。

800字書評一覧」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    この本は超がつくほど有名ですね。
    個人的に、ビジネス書はあまり面白くないものというイメージがあるため、読む気が起こることは稀ですが、この本なら読んでみたいと思えました。

    • KKc より:

      超有名ですね。どこの書店に行っても置いてある気がします。噂では80万部売れたとか……