【800字書評】『どうでもいいことで悩まない技術』|買うかどうかは「どうでもいいこと」

スポンサーリンク

買うかどうかは「どうでもいいこと」

KKc
柿木隆介『どうでもいいことで悩まない技術』の800字書評です。

 本書は日本を代表する脳科学者が書いた「悩まない脳のつくり方」です。
 「ストレス耐性」を身につける31のトレーニングを収録しています。

 トレーニングの目標は「パッ」と意識を切り替えるスイッチをつくること。そのようなスイッチを自分(の脳)の中に持つことができれば、悩むことが劇的に減るでしょう。

 ストレスには「いいストレス」と「悪いストレス」があります。ストレスをゼロにすることはできません。いかに「悪いストレス」を減らし「いいストレス」を増やしていくか。
 そして「脳の仕組み」を理解し、ストレスへの上手な対処法を考えていきます。
 以下、本文からのダイジェストです。

 「イライラしたときには深呼吸」と言われるけど、それはなぜよいのか?
 「トップになる人」に共通するメンタリティーとは?
 スポーツ選手が実践する「トラウマを克服する方法」とは?
 争いが起こったときの最善の解決策は「謝ること」である。

 「モノを捨てるとストレスが減る」の根拠は?「断捨離」が脳に与えるよい影響について。
 「ミラーニューロン」の働き。優秀な人の元で働いた人は、優秀になる……それはなぜ?
 誰かを失望させないためには(失望してしまう理由は)?

 大阪の人は「オレオレ詐欺」にひっかかりにくいらしい……その理由を脳科学の視点から解明します。
 将棋の中継を見たことがありますか? 「名人」と呼ばれるような人は利き手に扇子を持っています。半分ダジャレで半分はちゃんとした理由です。

 以上、面白いところをピックアップしてみました。そういえば発売後即重版がかかったそうです。これは著者や出版社にとって「いいストレス」ですね。
 というわけで、本書を読んで「どうでもいいこと」「イヤなこと」を整理する方法を脳科学者に学びましょう。

 たぶん「この本を買うか買わないか」は「どうでもいいこと」です。

(792字)

作品情報

著者:柿木隆介(生理学研究所教授・神経内科医)

おわりに/h2>

KKc
お読みいただきありがとうございました。

800字書評一覧」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    私は昨日、倫理観を問う作品が好きだと書いた気がしますが、実はあれは2番手なんですよね。
    本当に好きなのは、「心が打ち震えるような作品」です。
    倫理観を問う作品は、自分の心を動かすことが多いため好きという感じでしょうか。
    こんな感じなので、私の場合は読了しないとその作品が自分の望むようなものなのかわかりません。
    ですから「どうでもいい」というのは分かりますね。「欲しいと思ったならとりあえず買え」という感じです。だから積ん読が増えるんですけどね!

    因みに、一番好きな本は「シラノ・ド・ベルジュラック」です。

    • KKc より:

      そうそう。少しでも(いいな)と思った本はすぐに買うべきだと私も思います。
      シラノ・ド・ベルジュラック! 古い作家ですね。買ってみます!

  2. けy より:

    何だかメールの返信みたいになって、気が引けますがコメントさせていただきます。
    確かにシラノは作家でもあり、『日月両世界旅行記』という作品が岩波からでています。
    しかし、私が好きなのはロスタンという作家の、シラノという実在の人物を基にした『シラノ・ド・ベルジュラック』というタイトルの戯曲です。
    分かってると言われるかもしれませんが、万一ということもありますのでコメントさせていただきました。

    それと、もし買われるのでしたら岩波ではなく光文社新古典の方をオススメします。値段は少し高いですが、こちらの方がより読みやすくより心に来ます。

    • KKc より:

      あ、タイトルの方でしたか!
      『日月両世界旅行記』を買ってしまいました(笑)
      というわけでロスタンの方も買ってみます。光文社バージョンのものを。
      教えていただきありがとうございました!
      読んだら必ず記事を書きます。