東野圭吾『秘密』|全ての男が読むべき小説

 ※引用はすべて文春文庫による

スポンサーリンク

『秘密』あらすじ

妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。

妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。

その日から杉田家の切なく奇妙な”秘密”の生活が始まった。

映画「秘密」の原作であり、98年度の ベストミステリーとして話題をさらった長篇、ついに文庫化

(裏表紙)

 物語は夫・平介が妻と娘の乗ったバスが事故にあったニュースを観るシーンから始まる。

予感めいたものなど、何ひとつなかった。

(7頁)

 物語はこの一文からスタートする。

 平介は病院へ駆けつけ、妻・直子が娘・藻奈美の体に宿ったことを知る。

 二人は相談の上、「父と娘」として生活していくことを決めるが……

KKc
※以下の文章はネタバレを含むので、読み終わってから目を通すことを強くおすすめします。

『秘密』ネタバレ

  平介はバス事故後に親しくなった藻奈美の担任・多恵子に恋心を抱く。

 しかし妻・直子のことを想い、その気持ちを捨てる。

 一方の直子は、高校で相馬というテニス部の先輩と親しくなり、平介に内緒でクリスマスに会う約束をする。

  平介はそれを電話機に仕掛けた盗聴器で知り、二人の逢瀬を邪魔しようと家を出る。

周りに大勢の人間がいるはずなのに、平介の目には直子と相馬の姿しか入っていなかった。

あるいは彼等二人もそうなのかもしれない。

二人とも全く動かず、自分たちに向かって歩いてくる中年男の顔を凝視し続けていた。

平介は立ち止まった。三人の位置関係がほぼ正三角形になった。

「お父さん……」最初に声を発したのは直子だった。「どうして……」

(346頁)

  平介は相馬に「藻奈美は君のいる世界とは違う世界に生きているんだ」と告げその場を去る。

家に帰り平介はそのようにした理由を直子に叩きつける。

俺は今でも、おまえの夫のつもりだぞ。だからおまえのことを裏切っちゃいけないと思ってる。

浮気だってしてない。再婚のことだって考えてない。

小学校に橋本という先生がいただろう。俺はあの人のことが少し好きだった。交際したいと思った。だけど結局、電話すらしなかった。

なぜだと思う?

おまえを裏切りたくなかったからだ。俺はお前の夫だと思ったからだ

(352頁)

  あくまで「夫と妻」の関係であろうとした平介だった。

 しかし直子とベッドに入った瞬間それは不可能なことだと直感する。

彼の中の何かが、動かすことを強く拒否していた。

戻れ、戻れ、戻れ――だれかが叫んでいる。

時間だけが過ぎていった。闇の中で平介も直子も、完全に静止していた。

(360頁)

 バス事故の際、運転手だった梶川の元妻・典子からある走り書きを見せられる。

 それは梶川が、自分の子どもだと思っていた息子がそうではなかったことを知り「すまん 父親のふりはできない」と残したものだった。

 このとき平介は妻・直子を「娘・藻奈美」として見ていくことを決心する。

 直子もそれを受け、完全に「娘・藻奈美」として生きていくことを決心した。

 直子は自分が藻奈美のフリをしているのではなく、藻奈美の意識が藻奈美の体に戻ってきたように振舞った。

 直子は直子として生きることを完全に捨て、藻奈美として生きることを選んだ。

 平介はすっかり藻奈美が戻ってきたものだと信じきっていた。

 しかし藻奈美の結婚式の日に、そうではないことを知る。

 直子と平介だけの秘密であった指輪のことを、藻奈美が知っていたからである。

直子――。 君は消えてはいないのか。ただ消えたように振る舞っただけなのか。

(436頁)

 クライマックスは結婚式のホテル。

着付け係が出ていった。

平介と藻奈美は二人きりになった。

二人は見つめあった。

直子――。 この瞬間、平介は悟った。

ここで何をいっても無駄だ。

訊いても意味はない。彼女は決して認めない。自分が直子であることを。

そして彼女がいわないかぎり、彼女は藻奈美だ。平介にとって、娘以外の何者でもない。

「お父さん」彼女がいった。「長い間、本当に長い間、お世話になりました」

涙声になっていた。 うん、と平介は頷いた。

永遠の秘密を認める首肯でもあった。

(438頁)

 これが『秘密』作中最大最後の「秘密」である。

 結末をハッピーエンドととらえるかどうかはあなた次第だ。

『秘密』感想

 『秘密』はすべての男が読むべき小説だと思う。

 娘を持った父親なら抱くであろう悩みや葛藤がちりばめられているからだ。

  • 娘に女性が写った写真を見つけられてしまう
  • 一緒に風呂に入るのを嫌がられる
  • ボーイフレンドと出かけるのを隠される
  • 娘の帰りが遅くなる
  • 娘のプライバシーが気になって仕方がない
  • 娘の結婚式

 これらの出来事が平介の心情も交えて実にリアルに描かれている。

 『秘密』は現実世界で男が経験するであろうことの「予行演習」になる。

 それが、男性に本書を強くおすすめする理由だ。

おわりに

KKc
お読みいただきありがとうございました。

おすすめ小説リスト」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク