『蟹工船』【読書感想文】あらすじ付|地獄さ行ぐんだで!

スポンサーリンク

あらすじ

 「おい地獄さ行ぐんだで!」
 蟹工船・博光丸は函館を出航した。
 船長よりも偉い「監督」によって船員はひどい扱いを受ける。
 船員たちはストライキを起こす。
 監督を「ぶちのめした」あと、駆逐艦が来てストライキは失敗に終わる。
 しかし二回目のストライキは成功したようだ。

原稿用紙3枚(1200字,60行)

KKc
「自分の脚を食べる生き方に未来はない」

 「おい地獄さ行ぐんだで!」という書き出しにびっくりしました。
 函館の港から出航した蟹工船。そこはぼろぼろで、汚く、臭い。生活環境・労働環境は「悲惨」のひと言に尽きます。文字通り骨の髄までしぼりとられる労働者たち。彼らは身体的・精神的につらい生活をさせられ、とても「人間らしい」とは言えない扱いを受けています。

 蟹工船に乗る「監督」は船長より偉い様子です。
 <給仕はこんな場合の船長をかつて一度だって見たことがなかった。船長の云ったことが通らない? 馬鹿、そんな事が! だが、それが起こっている。 ――給仕にはどうしても分らなかった。>

 さて、船内の最高権力者である監督は「鮭殺しの棍棒」を持っています。彼はとても高圧的に船員に接します。
<「貴様等の一人、二人が何んだ。川崎一艘取られてみろ、たまったもんでないんだ」>
 船員の命よりも船のほうを大切に思う、監督の言葉です。労働者が死ぬことは、監督をはじめとした、企業の偉い人には「どうでもいい事」なのです。

 たぶん彼らは労働者たちを人間だと思っていません(だから平気でひどいことができる)。棍棒で殴ったり、沈没しそうになっている船を見捨てたり(助けると無駄な燃料と時間とエネルギーをとられるから)。蟹工船で働く人々のことを、人間なのに「匹」で数えるし。

 監督は「日本男児として」とか「大日本帝国のためだ」とか「国富」とか、「きれいな」言葉を使って自分の行動を正当化します。また、優秀な者には「賞品」を出す、成績が悪い者には「焼き」を入れるなど、あの手この手でばりばり働かせようとします。

 人間をこのように非人間的に働かせることは、(作中で出てきたように)タコのように自らの身を削る行為で、未来をまったく考えていない、おろかなやり方であると私は思います。

 タコは極限状態にさらされると、生き延びるために自分の脚すら食べると書かれています。そのようなふるまいは、一時しのぎの道としてはある意味合理的かもしれませんが、長期的な視点に立つと、あまりよい手ではないと思います。それは破滅への道であり、やめられないでいると、やがて脚を食べ尽くしたタコは泳ぐこともできなくなり、海を漂っているうちに他の生き物に食べられてしまうでしょう。

 「いま」を犠牲にするような存在には、未来はありません。
 たまには「いま」を振り返ってみて、「自分の脚を食べてはいないか」を確認しようと思いました。
(60行,原稿用紙3枚ちょうど)

おわりに

KKc
お読みいただきありがとうございました。

過去に書いた「読書感想文」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    有名な本ですね。
    私は去年北海道に行ったので多喜二さんはちょっと気になってます。
    楽しくなさそうなのは読まないでもわかるのに、読みたいと思えるのは不思議です。

    • KKc より:

      楽しい雰囲気の本ではありませんね。
      個人的には給仕のテンションが高かったので、そこだけは楽しかったのですけど。