蜂蜜と天才|恩田陸『蜜蜂と遠雷』あらすじと感想

スポンサーリンク

あらすじ

 <世界はこんなにも、音楽に満ちている>

「芳ヶ江国際ピアノコンクールを制した者はS国際ピアノコンクールで優勝する」という言い伝え。しのぎを削るのは主に4人。

 「蜜蜂」王子で「劇薬」な少年・風間塵。
 カムバックした元天才少女・栄伝亜夜。
 年齢制限いっぱいだが、夢を諦めきれない「普通寄りの天才」高島明石。
 優勝候補大本命、マサル・C・レヴィ=アナトール(名前がすごい)。

 バッハ、モーツァルト、リスト、ショパン、ブラームス、バルトーク、プロコフィエフなどの旋律に乗せ、ピアノ奏者、審査員、調律師、観客、あらゆる人生が交わり協奏曲を奏でる。

感想

 タイトルにもなっている「遠雷」とは、自分とは遠くのどこかで鳴っている雷のことです。
 『蜜蜂と遠雷』にあるような天才(に近い凡人を含む)たちのせめぎ合いというのは、私たちにとってまさに「遠雷」のようなものでありますが、見方を変えることで、「蜜蜂」のように身近なものとして感じることもできると思います。

 恩田陸は「遠雷」のような一見突拍子もないようなストーリーを「蜜蜂」のように、私たちがリアルにイメージできるような近さへと変換できる作家だと私は思います(だからこそたぶん、芥川賞ではなく直木賞を受賞した)。

 天才という特別な存在が思うこと、感じること、葛藤すること、歓喜すること、さまざま抱く感情を、誰にでも共感ができるような語り口に変換できる小説家を、私はあまり知りません。

 文字を音符に変換し、文字を努力に変換し、文字を感動に変換する。その軌跡を一冊の小説としてパッケージしたのが『蜜蜂と遠雷』だと思います。

 もちろん変換されずに未知のままであること(たとえば、塵の本当に考えていることとか)もたくさんあるけれど、それはそれで、想像の余地が残されているということで、なかなか風情のあることだと思います。

 遠くで雷が鳴っていたって、それがどのようにして落ちたのかわからないし、蜜蜂だって、何を考えて蜜を探しているか、わかりませんしね。

おわりに

KKc
お読みいただきありがとうございました。

おすすめ小説リスト」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク