【800字書評】村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』|それが旅行というものです

スポンサーリンク

それが旅行というものです

KKc
村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』の800字書評です。

 <そこに何があるか前もってわかっていたら、誰もわざわざ手間暇かけて旅行になんて出ません。何度か行ったことのある場所だって、行くたびに「へえ、こんなものがあったんだ!」という驚きが必ずあります。それが旅行というものです

 村上春樹の紀行文集。表紙にもその旨が記載されています。もしもそう書いてなかったとしたら(村上春樹の新刊か?)と思ってしまうようなタイトルです。小説ではありません。
 10章+あとがきという構成。

 ・チャールズ湖畔の小径―ボストン1
  「小径」とは「こみち」「ほそいみち」のこと。ボストン・マラソンを走る著者の写真もおさめられています。

 ・緑の苔と温泉のあるところ―アイスランド

 ・おいしいものが食べたい―オレゴン州ポートランド、メイン州ポートランド

 ・懐かしいふたつの島で―ミコノス島、スペッツェス島

 ・もしタイムマシーンがあったなら―ニューヨークのジャズ・クラブ

 ・シベリウスとカウリスマキを訪ねて―フィンランド
  村上春樹の小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』では、主人公がフィンランドに向かいます。

 ・大いなるメコン川の畔で―ルアンプラパン(ラオス)

 ・野球と鯨とドーナッツ―ボストン2

 ・白い道と赤いワイン―トスカナ(イタリア)
  トスカナで村上春樹は、自身と同じ年に生まれたワインと出会います。

 ・漱石からくまモンまで―熊本県(日本)
  まさか村上春樹がくまモンを語るとは……。

 旅をするのは、その先で何が自分を待ってくれているかがわからないからです。
 入念に計画を練って旅行をすることよりも、宿だけ決めてあとはなり行きで……という旅の方が、発見の喜びは大きいと思います。
 だからたぶん、『ラオスにいったい何があるんですか?』が気になったら、あまり情報を集めずに読む方が、きっと深い満足感を得られると思います。

(797字)

作品情報

著者:村上春樹
※電子書籍版は写真が大幅に追加されているようです

おわりに

KKc
お読みいただきありがとうございました。

800字書評一覧」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク