『ホワット・イフ?』|ばかげた質問に真面目に答える本

※引用はすべてランドール・マンロー(吉田三知世訳)『ホワット・イフ? 野球のボールを光速で投げたらどうなるか』早川書房による

スポンサーリンク

はじめに

 野球のボールを光速で投げたらどうなるか。
 答えは「球場の1.5キロ以内にあるものはすべて潰え去り、周辺の市街地全体が猛火に包まれる」である。
 マンローの『ワット・イフ?』はマンガと文章を用いて、「ばかげた問い」に「真面目に」答えてゆく本だ。

 「ステーキを空から落として焼くことは可能か?」といった日常的な疑問から、「地球の海から水を抜き火星に移したらどうなるか?」などといった惑星規模の質問まで、バラエティに富んだ数々の記述が科学的好奇心を満たしてくれることうけあいだ(多くの質問において世界が滅亡したり、実験者に多大な損害が発生するけれど)。
 本記事では、私が(興味深い)と思ったものを紹介する。

感想

相対論的野球

 「野球のピッチャーが光速の90%の速度でボールを投げたら?」という質問。
 投げられたボールの進行方向に存在する分子が、ボールの表面にある分子と核融合(!)するとのこと。それが繰り返され、次第にマウンド周辺にプラズマ雲が形成されるという。

 (ほぼ)光速でボールを投げると、プラズマ雲が発生する??

 このあたりですでに私は話についていけなくなってきたが、なんだか危険な状態にあることはわかる。速すぎるストレートは球場を崩壊させるというわけだ。なるほどナス!(したり顔)。
 ともかく、光の速さで投球するピッチャーによってスタジアムと、さらにそれが建っている街は破壊された。

 最後に筆者はこう付け加えている。
 <メジャーリーグ・ベースボール規則6.08bによれば、この状況では、バッターは「死球」を受けたと判断され、1塁に進むことができるはずだ。

レーザー・ポインター

 「新月にレーザー・ポインターを当てて明るくしよう」計画。
 当然ながら、手のひらに収まるようなコンパクトなそれでは出力がどう考えても足りない。

 <よし。アジアの表面全体にわたって、1平方メートルに1台ずつメガワット・レーザーを設置しよう。

 なにが「よし」だ!
 最高だよ!
 このように突拍子もない仮定をし話を進めるのも、本書の魅力のうちのひとつである。
 ちなみにこれを行った場合、世界の石油備蓄をたった2分で使い果たしてしまうという。
 2分。しかし月は太陽並みの明るさで輝くそうな。

ステーキを空から落として焼く

 落ちている物体はだんだん加速していく。物体の下の空気が圧縮され、それにより熱が発生する。
 それにしても、ステーキを落として焼くとか。
 筆者の検証努力がすごい。

 <落下するステーキが空気によってどのように熱せられるかを知るため私は、ICBM(大陸間弾道ミサイル)が大気圏に再突入する際のノーズコーン(ミサイルなどの先端に取り付けて空気抵抗を減らす構造部)の温度上昇に関する論文を調べた。

 冷戦時代の米軍の論文に当たったようだ。何も言葉が出ない。
 その甲斐あって、その後のステーキ落下の挙動に関する考察は、とても読みごたえのあるものに仕上がっている。

 <超音速と極超音速のスピードでは、ステーキの周囲に衝撃波が生じ、これによってステーキはどんどん速まる風から保護される。

 ステーキから衝撃波が出る! 私は衝撃を受けた。
 ちなみに正しい方法(?)で肉を落とすと、外は焦げ、中は生焼けのステーキになるようです。

ヨーダ

 「ヨーダはどのくらいのフォースを出せるか」を考察。ヨーダとは映画『スター・ウォーズ』出てくる強いキャラクター(観たことがないのでこの程度の印象)。

 <オリジナル3部作でヨーダが実力を最大に発揮したのは、ヨーダがルークのXウィングを沼のなかから浮かび上がらせたときのことだ。

 へえ。「フォース」ってそんなことができるのか。超能力みたいなもの?
 著者はストップウォッチ片手に映画を見て、Xウィングの上昇速度を測った。そしてWookieepedia(原文ママ。ギャグか?)からXウィングの重量と長さを知り、ヨーダの「ピーク出力」を算出した。
 馬力に換算すると約25馬力だそう。馬25頭分……
 なお、世界すべての電力需要をヨーダで満たそうとするならば、ヨーダは1億人必要だと試算された。

おわりに

KKc
最後までお読みいただきありがとうございました。

 本当は『ホワット・イフ』の内容をすべて紹介したいところであるが、著作権の関係上それはできない。
 「お茶をかきまぜ沸騰させるには馬70頭分の力が必要」だとか「26秒あったらスーパーマリオワールドの1-1をクリアできる」だとか「オランダが世界制服をするだろう」だとか、腹を抱えて笑ってしまった話がたくさんあった。
 著者サイト「www.xkcd.com」も見てみようと思った。未翻訳の話もきっと楽しいだろう。

おわりに

KKc
お読みいただきありがとうございました。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク