『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』―京都には引力がある

スポンサードリンク

スポンサーリンク

『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』あらすじ

 本書は大学時代を京都で過ごした作家・森見登美彦氏が京都の町を案内する一種のガイドブックである。

 案内は「左京区エリア」「四条近辺」「伏見区ほか」「番外編」に分かれて収録されている。

 本文は森見氏の著作からの引用と、彼のミニ・エッセイが中心。

 また、文章と同じくらい写真も多く使われていて(森見氏が写ったものもあり)、そのまま京都の観光ガイドとしても使える本になっている。

森見登美彦作品の舞台を写真つきで紹介

 『有頂天家族 (幻冬舎文庫)』で矢四郎が酔いを醒ますためにもたれかかった「四条大橋」。

 『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』で黒髪の乙女がずんずん歩いた「先斗町」(読み方は「ぽんとちょう」)。

 「ここに来れば登美彦氏が作品に出すものは何でも揃うのである」(110頁)と自身で語るのは「伏見稲荷大社」だ。

 『四畳半神話大系 (角川文庫)』で明石さんが店番をしていたのは「下鴨神社」。

 『聖なる怠け者の冒険』で小和田君がアルパカ似の五代目に出会う「レストラン菊水」。

 『四畳半王国見聞録 (新潮文庫)』の大日本凡人會が暇つぶしに歩いている「哲学の道」。

 『太陽の塔 (新潮文庫)』で「ヘンテコなもの」と称された「太陽の塔」(大阪にあるので「番外編」に収録)。

 「叡山電車」は森見氏の作品の中で、なくてはならない電車。

スポンサードリンク

まとめ

 『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』は森見登美彦作品のファンブックであると同時に、すばらしい京都案内であるといえる。

KKc
 これを読むと森見氏の小説が読みたくなるし、また京都にも行きたくなる。

 そういう意味で、本書はかなり贅沢な欲望を起動させてくれる文庫だといえる。

スポンサードリンク

関連リンク

Twitterやってます。

握力はそんなに強くないはずなんですけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク