太宰治『満願』【読書感想文】あらすじ付|私は美しいものを見た

スポンサードリンク

スポンサーリンク

太宰治『満願』あらすじ

 「私」は酔ってケガをした。

 診療所の医者と仲良くなり、毎朝新聞を読みに行く仲となる。

 医者の家で、ある先生の奥さんの姿を見る。

 彼女の姿はとても美しかった。

スポンサードリンク

 

【読書感想文】原稿用紙3枚(1200字,60行)

KKc
「さわやかな気持ちになれる小説」

 私が思う太宰治『満願』のいいところは、「畳語(じょうご)」にあると思います。畳語とは「繰り返し言葉」です。「ぐるぐる」とか「おろおろ」とか「ふわふわ」とか、何かを二回繰り返す言葉のことです。『満願』ではそれがよく出てきます。

 主人公「私」は、酔いのため「ふらふら」と診察室に現れた医者と出会います。

 医者の様子を見て「私」は「くすくす」笑います。つられて医者も「くすくす」笑います。やがて二人は大笑いし、意気投合しました。

 「私」は医者の価値観を「なかなか」歯切れがよいと感じます。世の中のことを「善か悪か」のどちらかに当てはめて話をするので、けっこう痛快なことも言っていたのではないか、と私は思います。小説の中では医者が善玉で、医者の奥さんが悪玉であるという話しか書いてありませんけど。

 そんなわけで「私」は医者の家に毎朝立ち寄る関係になります。風で「ぱらぱら」騒ぐ新聞を読むのです。この場面で私は、主人公は人と仲良くなるのが得意だなあ、と思いました。あるいはよっぽど医者と気が合ったのでしょうか。どちらでしょうね。

 さて「私」は医者の家にいりびたっている間に、ある女性と出会います。彼女は夫の薬を取りに来ているのですが、療養のかいあって体調は「ぐんぐん」良くなっているそうです。「奥さま、もう少しのご辛抱ですよ」と医者が言うことからもそれはうかがうことができます。

 そしてクライマックス。「おゆるしが出た」ということで奥さんは「さっさっ」と飛ぶようにして歩き、パラソルを「くるくる」っと回します。「私」はそれを「八月のおわり、私は美しいものを見た」と絶賛しています。

 「私」はこのできごとを「医者の奥さんのさしがねかもしれない」と考えています。医者の奥さんが「私」の気持ちを明るくさせようとして、あえて「私」がいるときに来させたと思ったのです。美しいものに感動しつつも、その裏があるのではないか、と主人公がひねくれた思いを持った原因は、たぶん冒頭に書いてあることだと思います。「私」が伊豆で暮らしていた理由は『ロマネスク』という小説を書くためだ、と書いてあります。ということは小説を書いている期間だったのですから、なにか「もやもや」していたのかなと私は推測しました。

 でもそんな心境でしたが、その「美しいもの」に遭遇した瞬間ははればれとした気持ちになったのですから、とりあえずよいのではないでしょうか。その場面は読んだ私も、目の前にその美しい光景が浮かぶようで、とてもさわやかな気持ちになりました。

 『満願』はたった3頁の小説ですけど、短いからこそ創りだせる、夏に聴く風鈴の音のような物語でした。

 (60行,原稿用紙3枚ぴったり)

スポンサードリンク

関連リンク

Twitterやってます。
想像は勘違いの母。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. shinnwood より:

    「あれ」とは太宰にパラソルの奥さんの嬉しい姿を見せたことだと思います。
    「差し金」とは太宰の乱れた女性関係を知っている太宰に純粋な愛を見せ、もう少し正しく愛しなさいと示したことだと思います。
    太宰が年を経るごとにあれを美しく思うのは汚れきった今の自分があるからでしょう。医者の奥さんは太宰に純粋な愛を見せて太宰を諫めたのです。それが「あれは奥様の差し金」だったのです。

    • KKc より:

      コメントありがとうございます。
      そのような解釈もあるのですね。教えていただきありがとうございました。