広告

宮部みゆき『我らが隣人の犯罪』―犯罪者に、おすそわけ

宮部みゆき『我らが隣人の犯罪』について書きました。簡単なあらすじも載せています。本書は『我らが隣人の犯罪』、『この子誰の子』、『サボテンの花』、『祝・殺人』、『気分は自殺志願』の5編を収録した短編集です。いちばんおすすめなのは『サボテンの花』です。

明けぬ夜がないように、回らぬ観覧車はない|湊かなえ『夜行観覧車』

湊かなえ『夜行観覧車』のあらすじと感想と名言について書きました。『夜行観覧車』は家庭内殺人をめぐって、三つの家族がそれぞれの「一筋縄ではいかない」問題を解決しようとする物語です。テーマのひとつに「家」があるので家を建てる予定がある方は、そのまえに読むべき小説です。

広告