「小説偏愛者」の皆さん、講談社タイガが創刊しました

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 

 「講談社タイガ」は、日々の生活に小説がなくてはならない小説偏愛者へ向けた文庫レーベルです。2015年10月20日に創刊されました。
 毎月20日ごろ発売で、すべての本が新作かつ書き下ろしです。
 人気作家の新刊が毎月求めやすい価格で発売されるので、私はとても注目しています。

【関連リンク】「講談社タイガ」立ち読みもできます。

 今回は公式サイトなどを参考に、刊行予定をまとめてみました。
 見づらいところもありますが、今後の読書にお役立てください。

 

刊行第1弾(10月20日)

森博嗣『彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?』

 「赤い魔法を知っている?」
 Wシリーズ始動。
 ウォーカロン(walk-alone)は「単独歩行者」。人工細胞で作られた生命体である。
 人間との違いを簡単には識別することができない。
 識別に関する研究をするハギリは、何者かに命を狙われていた……。

 

西尾維新『美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星』

 「俺達に解けないハートと謎はない!」
 十年前に一度だけ見た星を探す少女が「美少年探偵団」に依頼をする。
 実はほとんど全て元凶ではないかと囁かれる五人の「美少年」。
 賑やかで危険な爽快青春ミステリー、ここに開幕!

 

野村美月『晴追町には、ひまりさんがいる はじまりの春は犬を連れた人妻と』

 「僕が出逢った人妻は、謎と笑顔が似合う人でした」
 文学少女シリーズの著者が描く、幸せの優しい物語。
 表紙イラストの犬の名前は「有海(ありうみ)」だそうです。かわいい。

 

野崎まど『バビロン Ⅰ ―女―』

 「最悪が動き出す」
 正崎善(せいざき・ぜん)は、ある臨床研究不正事件を追う検事。
 捜査の中で麻酔科医・因幡信(いなば・しん)が残したメモを見つける。
 異様な血痕と、紙を埋め尽くすほどのアルファベットの「F」……。
 事件の謎とリンクした大型選挙の裏に潜む陰謀、さらにそれを操る謎の人物とは!?

 

刊行第2弾(11月20日)

天野頌子『僕と死神の黒い糸』

 「僕を守ってくれたのは――死神でした。」
 「死神」に「ボディガード」とルビが振られています。
 「へへ、お前ェに今死なれちゃ困るんだよ……」という言い訳が頭に浮かびました。

 

綾崎隼『君と時計と嘘の塔 第一幕』

 「切ない青春タイムリープミステリ!」
 綾崎隼なので上質な切ない青春タイムリープミステリを書いてくれると思っています。

 

似鳥鶏『シャーロック・ホームズの不均衡』

 「謎を解けば、命が狙われる!?」
 シャーロック・ホームズが好きなので、今からわくわくしています。
 こういうタイトルの作品が出るたびに、コナン・ドイルの著作権が切れていたことを思い出します。

 

山田正紀『桜花忍法帖 バジリスク新章(上)』

 「甲賀vs.伊賀血戦再び!?」
 「再び」ということは山田正紀は以前にもこのような小説を書いた、ということでしょうか。
 「全点新作書き下ろし」は嘘だったのか!?(嘘じゃないでしょ)

 

刊行日未定

青崎有吾『アンデッドガール・マーダーファルス』

高里椎奈『異端審問ラボ 魔女の事件簿1』

森博嗣『魔法の色を知っているか?』

森博嗣『風は青海を渡るのか?』

西尾維新『ぺてん師と空気男と美少年』

山田正紀『桜花忍法帖 バジリスク新章(下)』

 

おわりに

KKc
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 「講談社タイガ」は毎月4冊ずつ刊行していく予定のようですね。
 「小説偏愛者」にはちょうどいいペースかも。
 いずれにせよ、今後の動向にも目を光らせたいところです(ぴかっ)。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です