別れの言葉?いいえ、サラバ!は再会の言葉。―西加奈子『サラバ!』

スポンサードリンク

スポンサーリンク

 あらすじ

 西加奈子作家生活10周年記念作品

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。
父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。
イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、今度はエジプトへ向かう。
後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに――。

本年度最大の衝撃と感動。

一家離散。親友の意外な行動。恋人の裏切り。自我の完全崩壊。
ひとりの男の人生は、やがて誰も見たことのない急カーブを描いて、地に堕ちていく。
絶望のただ中で、宙吊りにされた男は、衝き動かされるように彼の地へ飛んだ。

 小学館サイト(http://www.bookshop-ps.com/bsp/bsp_detail?isbn=9784093863926

感想

 主人公・歩と圷(あくつ)家の小説。
 肩身の狭い思いをして生きている歩。それは大体家族のせい。
 強烈なキャラクター。
 ぶっとんだ姉・貴子。
 「ようやく生れ落ちた瞬間から、姉は激怒していた」
 部屋を埋め尽くす巻貝の絵。
 常識が無い(ある意味素直な)母。
 家族の強烈な光。
 父は影が薄い。

 上巻は歩が生まれてから高校生までが語られる。
 イランで生まれ、大阪で小学生、そしてエジプトへ。両親の離婚で今橋姓となり大阪へ戻る。

 下巻は1995年阪神大震災からスタート。歩が37歳になる。

 鮮烈な印象を与える姉におびえながら育った歩。
 姉は自己をどこまでも追及し、つき進んでいく。
 歩はできるだけ姉に関わらないようにして生きていく。
 「僕はこの世界に、左足から登場した」
 歩が最後に見出した「答え」とは――?

スポンサードリンク

ピース・又吉も絶賛 『サラバ!』西加奈子

「サラバ!」とは?

 タイトルにある「サラバ!」とは歩がエジプトで出会ったヤコブとの合言葉。
 (上巻208頁)
 「さようなら」「また明日」「グッドラック」「俺たちはひとつ」
 作者・西加奈子と主人公・歩は生年月日・出生地が同一。
 どこまでが事実でどこまでがフィクションなのか?
 結末は自身でお確かめに。西加奈子の世界に飲み込まれます。
 読みながら私達は、確かな「小説の力」を感じられます。
 「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ」

 

KKc
サラバ!

スポンサードリンク

関連リンク

Twitterやってます。

ブラウザはFirefox派。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク