【800字書評】伊坂幸太郎『グラスホッパー』|殺し屋の論理と不条理

スポンサーリンク

殺し屋の論理と不条理

KKc
伊坂幸太郎『グラスホッパー』の800字書評です。

 スポットライトを浴びるのは主に3人。
 亡くした妻の復讐を誓う鈴木。メイン・キャラクターの名前を「鈴木」とするのってすごい勇気だ。でも、「普通」のレッテルを貼るのにはうってつけだと思う。ちなみに海外の小説でいうと「アン」とか「ジョン」とか(……けっこうそういう小説ってあるような気がする)?

 ナイフを使う殺し屋「蝉」。
 自殺専門の殺し屋「鯨」。
 スピード感のあるアクションシーン、スピード感のある小説展開。

 やっぱり伊坂幸太郎は群像劇を書くのが一番だ、と思う。
 キャラクターひとりひとりが丁寧に描かれており、危うい人間なのに、どこか愛おしい。嫌いになれない。

 槿(アサガオ)の言葉が印象的。「未来は神様のレシピで決まる。未来はもう決まってるんです。自然に任せればいいんですよ」

 人生における決定的瞬間は、往々にして後になってわかる。それゆえ後悔してしまうことも多い。あのときこうしておけばよかった、と臍を噛む。
 それを予防する方法がある。
 それは物事に出会ったときに「まさか、このときはあんなことになるなんて思いもよらなかった――」と自分の心の中にセルフ・ナレーションをつけることである。まるで少女マンガのように。
 槿のように、後に起こることと現在がリンクしているような気持ちで生きていれば、日々を送る上でかなりのストレスは軽減できるのではないか。

 そうそう。
 続編として『マリアビートル』がある。『グラスホッパー』の登場人物も出ます。作者が続きを書く気持ちになったということは、それだけキャラが立っている小説である証拠でしょう。

 そういえばそろそろ『グラスホッパー』の映画公開だ。個人的には殺し屋同士のアクションシーンが楽しみ。

(729字)

作品情報

著者:伊坂幸太郎
情報:2015年11月7日より映画が全国公開
   続編は『マリアビートル』

おわりに/h2>

KKc
お読みいただきありがとうございました。

800字書評一覧」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    やっと読み終えました。
    躊躇いなく人が死ぬあたり、確かに不条理でした。その不条理を乗り越えるだけの心意気があるかどうかで生死が決まるというのはいいですね。ツェーホフの作品が思い出されました。
    そして出てきた「唾と密」。
    本当にみんな、好きなんですね。

    • KKc より:

      殺し屋の話ですからね。
      不条理じゃなければそれそれで違和感があります(笑)