2017年8月第4週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第121回です。

 今年8月のランキングもおわり。夏もすっかり終わりの気分です。夏の思い出として手を繋いで海岸線を歩いた方は全国でどれくらいるのでしょうか。

 それはともかく、本の紹介をどうぞ。

※8/17~8/23集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 『宮辻薬東宮』

KKc
作家陣によるリレー短編集。

 ある作家が短編を書き、それを読んだ作家が次の短編を書き、それを読んでまたまた別の作家が短編を書き……という趣向の作品集のようです。

 聞いただけでものすごく時間のかかりそうな手法ですが、一説によると2年くらいかかったそうです。編集の方は大変だったでしょうね。

【関連リンク】「死ぬけど面白い|宮部みゆきおすすめ小説文庫ランキングTOP10

第2位 重太みゆき『伝説の気づかい』

KKc
伝説の先生。

 「ホンマでっかTV」というテレビ番組に出演する女性による本です。私はそのテレビ番組が好きなので、今回ランキングに入れました。とにかくがんばってほしいです。

 当ブログは「気づかい」というものが一切ないと自負しておりますので、購入して読んだとしたら、大変参考になると思っております。とにかくがんばってほしい。

ピックアップ! 加藤周一『読書術』

ここ

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回は加藤周一『読書術』です。

 冒頭の文章を引用します。<どういう本を読んだらよかろうか、ということは、一般的には決められません。どういう女を口説いたらよかろうか、という、だれにも通用する標準などあるはずがないのと同じことです。

 本選びと女性選びを関連させた比喩を使っているのが、人によっては(ちょっと……)と思うかもしれませんが、私はこの冒頭の文章を目にしてちょっと心が動きました。

おわりに

KKc
以上、2017年8月第4週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

次回の更新は9/2 正午くらいです。お楽しみに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク