2017年8月第3週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第120回です。

 夏は新作映画が多くなるシーズンなので、興味のある方々は大忙しでしょう。個人的には『君の膵臓をたべたい』と『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』に期待をかけています。

【関連リンク】「膵臓が食べたくなる7つの理由」「『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』あらすじと感想と名言

 それでは、早速本の紹介をどうぞ。

※8/10~8/16集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 カルロ・ゼン『ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下』

KKc
『ベン・トー』の類かと思った。

 ぱっと見ギャグ小説かと思いましたが、れっきとしたSF小説のようです。「ヤキトリ」と呼ばれるパイロットが特攻する話だと思われます(違ったらごめんなさい)。

 海外での焼き鳥料理の知名度って、けっこう高いのでしょうか。さすがにスキヤキには負けると思いますが。外国の方が焼き鳥を串から食べるか取り分けて食べるか、ちょっと興味があります。

ピックアップ! H・G・ウェルズ『タイム・マシン』

KKc
1640mPの同名楽曲も好き。

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回はH・G・ウェルズ『タイム・マシン』です。

 「タイム・マシン」とはいうものの、ウェルズの傑作短編集とのことで、他にもいくつか小説が収録されています。『塀についたドア』がSFというかファンタジーというか、なんとも絶妙なラインをいった物語なので好きです。

おわりに

KKc
以上、2017年8月第3週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

次回の更新は8/26 正午くらいです。お楽しみに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク