2017年3月第4週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第99回です。

 春眠暁を覚えずと言いますけれども、とにかく最近眠いです。このまま冬眠してしまうのか知らん。

 それでは、早速本の紹介をどうぞ。

※3/16~3/22集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 湊かなえ『リバース』

KKc
逆にね。

 単行本しか売っていないようなときにブログで紹介した本が文庫化されていると、流れる季節を感じます。だってこのランキングだって今回が99回目ですものね。次回は夢の3桁。ほんと、継続ってすばらしい。

【関連リンク】「イヤミスの女王|湊かなえおすすめ小説文庫ランキングTOP10

第2位 佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』

KKc
比喩ではない。

 噂によると、比喩じゃなくて、ほんとに君が光り輝くらしいですよ。ピカーって。頭髪を剃り上げている方ではなく、病的に発光するらしいです。ピカーって。

 本を読む際には、部屋を明るくして、適度に離れて楽しんでください。

第3位 麻耶雄嵩『貴族探偵』

KKc
貴族に向く職業。

 「麻耶雄嵩」を読めるかどうかでミステリー好きかどうかがある程度判別できるような気がします。なお私は読むことができますが特にミステリーが好きなわけではありません(自分で反例を作るのってどうかと思いますが)。

 ところで「貴族」といえば太宰治『斜陽』ですが、私と同じことを考えた人はきっと太宰治が好きな人でしょう。

ピックアップ! 荒木飛呂彦『STEEL BALL RUN』

KKc
鉄球レース。

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回は荒木飛呂彦『STEEL BALL RUN』です。

 鉄球を投げつける男と爪が回転する男がアメリカ大陸を馬で走る物語です。何度か読んだことはありますが、文庫で売っていたので手元に置いておこうということで買いました。

 第1巻にとにかくラッキーな男が登場するのですが、そういうキャラクターって、描いていて楽しかったんじゃないかと予想します。

おわりに

KKc
以上、2017年3月第4週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

次回の更新は4/1 正午くらいです。お楽しみに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク