2016年9月第3週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第72回です。

 macを導入しました。おしゃれなパソコンからお届けしています。

 それでは、早速本の紹介をどうぞ。

※9/8~9/14集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 アンデシュ・ルースルンド ステファン・トゥンベリ『熊と踊れ』

KKc
輝夜の城で熊と踊りたい。

 クマといえば、メジャーリーガーの岩隈投手が過去最高の勝利数を記録したとか。

 クマといえば、そろそろ冬眠に備えて活発に活動するころ。ご注意下さい。

第2位 東野圭吾『祈りの幕が下りる時』

KKc
お祈りは済んだか?

 『危険なビーナス』の興奮も冷めやらぬうちに、文庫が出てしまいました。

 東野圭吾ファンの方は忙しくなりますね。

【関連リンク】「東野圭吾『危険なビーナス』あらすじと感想|喪失の女神

ピックアップ! 『中国笑話集』

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回は『中国笑話集』です。

 太古のショートショート・ギャグを読みたいなと思って手に取りました。前半が男女の話や先立つ物の話だったので(俗物が!)と思いました。

 超有名な「杞憂」や「矛盾」が収録されていて、確かにギャグだよなと深く頷きました。

おわりに

KKc
以上、2016年9月第3週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

 次回の更新は9/23 18時です。お楽しみに!

スポンサーリンク