2016年8月第3週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第68回です。

 着々とサーバー引越しの準備を進めています。引っ越したら記事の表示速度が速くなるかも……乞うご期待!

 では、早速本の紹介をどうぞ。

※8/11~8/17集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 松岡圭祐『万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉』

KKc
アアアアアアア!!

 ムンク『叫び』はあのおぞましい表情をしている方が叫んでいるのではなくて、おぞましい叫び声を聴いておぞましく「ウワァ」となっているのだと聞いたことがあります。

 本書を読むと『叫び』のように叫びたくなることうけあいです。必読!!

第2位 百田尚樹『鋼のメンタル』

KKc
対義語は「豆腐メンタル」。

 攻撃は最大の防御というか、打たれ弱いがゆえに攻めるというか、私の感想はそんな感じです。

 以前も申し上げたと思うのですが、百田尚樹氏は小説を新書よりも優先して書けばいいのにと思っています。

【関連リンク】「ヒットメーカー|百田尚樹おすすめ本ランキングTOP10

第3位 霧友正規『僕はまた、君にさよならの数を見る』

KKc
8181(ばいばい)かな?

 どこかで見たようなタイトルに、見覚えのあるイラスト……狙ってますね、完全に、これは、やはり(なぜか倒置法)。

 「さよならの数を見る」って「死兆星が見える」みたいですね。もしや恋愛バトル小説なのか?

ピックアップ! 星新一『マイ国家』

KKc
真井国三。

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回は星新一『マイ国家』です。

 2016夏限定のオレンジ・カバーになっていたので購入しました。キュンタくんの眠っているしおり(かわいい)をオマケとしてもらいました。

 『マイ国家』のような狂った短編が好みです。

おわりに

KKc
以上、2016年8月第3週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

 次回の更新は8/26 18時です。お楽しみに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク