2016年8月第2週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第67回です。

 記事はいつもパソコンを使って作成しているのですが、電源が入らなくなったので(今週は更新できないな)と残念な気持ちになっていましたが、少し待ってからボタンを押したら立ち上がりました。クララが立ったときのハイジの気持ちもこんな感じだったのかなとたいへん共感しています。

 では、早速本の紹介をどうぞ。

※8/4~8/11集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 湊かなえ『山女日記』

KKc
山の日にちなんで発売したのか?

 「山女」ってなんだ!!と思いググったところ、魚の「ヤマメ」という意味があることを知りました。調べる前までは「やまおんな」と読んでいました。妖怪みたいなイメージ。

【関連リンク】「湊かなえおすすめ小説文庫ランキングTOP10|イヤミスの女王

第2位 西川美和『永い言い訳』

KKc
言い訳は短くても伝わらない。

 やらなくて後悔するよりやって後悔するほうがよいと言われることがありますが、やらないほうが時間的には節約ができるので、私は何かをやらないことが多いです。たとえばオリンピックの情報を得ないとか。

 あ、でも関係者がいるので、その競技だけは観るかもしれません。

【関連リンク】「西川美和『永い言い訳』あらすじと感想|提示されたひとつの答え

第3位 七月隆文『君にさよならを言わない 2 』

KKc
ばいばい。

 (2ってどういうことだ!?)と思いました。たとえば1のときに「俺は絶対にさよならを言わないぞ!」と決意したのならばそれをずっと貫き通して欲しいものです。2になって(やっぱり言っておこうかな。やらない後悔よりやって後悔というし……)っていう展開になったとしたら3も出版される可能性がありますが。

【関連リンク】「七月隆文『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』|端と端を結んだ輪

第4位 小泉喜美子『血の季節』

KKc
Season of Blood.

 気温が高くなってきたので、よく鼻血を出すようになってしまいました。そんなときに限って白い洋服を着ているというまさに血の季節!(何がだ……)

 ワイドハイターにお世話になっています。

ピックアップ! アンナ・カヴァン『氷』

KKc
ひやっ。

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回はアンナ・カヴァン『氷』です。

 ふと立ち読みしたところ、冷たい文章に(いいな!)と思いました。

 そういえば私の文章もわりと冷たいと思っているのですが、共感したのかも知れない。

おわりに

KKc
以上、2016年8月第2週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

 次回の更新は8/19 18時です。お楽しみに!

スポンサーリンク