2016年1月第3週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第三十七回です。

 寒さが増してきたので、家にこもって読書するのに適した環境になってきました。喜ばしいことです。

 では、早速本の紹介をどうぞ。

2016年1月第3週 本ランキング

※1/8~1/14集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 西尾維新『業物語』

KKc
GO!!物語。

 『傷物語』の映画が公開中です。それに合わせてPRされると思いきや、私の近所の書店はそうでもありませんでした。

 読み方を確認していないのですが、「なりわいものがたり」だったらびっくりします。

第2位 カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

KKc
ドラマ化。

 ドラマ化作品ということでランクイン。文庫化からけっこう経っているのにドラマ化されたということは、ドラマにするような小説のストックが枯渇してきているのでしょうか。

 池井戸潤『下町ロケット』も単行本発売と同時にドラマとして放送されましたし、ドラマ業界も大変ですね。

第3位 奥田英朗『ナオミとカナコ』

KKc
これもドラマ化。

 もしかして、ダブル・ヒロインものですか。あるいは、ダブル主人公ものでしょうか。

 「ナオミ」と聞くと「ナオミよ」と往年のテレビCMを思い出します。

第4位 知念実希人『仮面病棟』

KKc
閉鎖型小説。

 ピエロの仮面をかぶった人物が登場。病院が舞台です。

 (昔紹介した気がするな)と思いつつ過去記事を探りましたが、たぶん取り上げていません。サイト運営も1年を超えるといろいろ大変だなと思いました。

第5位 マリア・コニコヴァ『シャーロック・ホームズの思考術』

KKc
緋色のホームズ研究書。

 内容はまぁ、タイトル通りなので置いておきます。

 ふと、もしかして、シャーロック・ホームズのことを「かつて実在した探偵」と思っている方は意外と多いのでは、と思いました。

第6位 降田天『女王はかえらない』

KKc
ひらがななのがあやしい。

 女王は「かえらない」と「かえらない」の部分がひらがな表記であるのが怪しいです。ダブルミーニングか?

 「このミステリーがすごい!大賞」も、気づけば10回を超えています。創設前に比べて「~がすごい!」という表現がさまざまなところで散見されるようになった気がします(当社比)。

第7位 岸田秀『史的唯幻論で読む世界史』

KKc
すごい!タイトルだ……

 (「史的唯物論」か~)と思いながらよく見たら「史的唯幻論」でした。まったく初耳の言葉。

 岸田秀は精神分析の本を書いていたと記憶していますが、史的唯幻論もそういった方向からのアプローチなのでしょうか。

第8位 皆川博子『海賊女王』

KKc
海賊女王に私はなる!ドン!

 海賊、と銘打ってあるだけで、魅力的に見えてきます。

 上下巻なので読み応えも十分なはず。

第9位 内館牧子『終わった人』

KKc
定年後を描く。

 定年で退職したサラリーマンが描かれています。「終わった人」とは、けっこうな言い回しですね。

 タイトルにどきっとした50歳~60歳代男性を中心に売れています。というか、それ以外の層はほとんど買わないのでは。

第10位 本多さおり『もっと知りたいパリの収納』

KKc
今週のパリ本はこれ!

 海賊、と同じように、パリ、と付くだけでチャーミングになるから不思議。もっと知りたくなる。どんな収納術なのか!と、心が叫びたがっているんだ。

 発売が一ヶ月早ければ、もっと売れていただろうなと思いました。

今週のピックアップ! ニーチェ『ツァラトストラかく語りき 上巻』

KKc
何度でも読みたいニーチェ。

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回はニーチェ『ツァラトストラかく語りき 上巻』です。

 この本は読むたびに襟を正してくれます。

 <一切の書かれたるもののうち、われはただ、血をもって書かれたもののみを愛する。血をもって書け。しかるとき、なんじは悟るであろう、――血、すなわち精神であることを。>(88頁「読むことと、書くこと」)

 がんばります。

おわりに

KKc
以上、2016年1月第3週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

 次回の更新は1/22です。お楽しみに!

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    最近寒過ぎますね。寒過ぎて集中力が途切れ途切れになって困ってます。
    ニーチェは『善悪の彼岸』だけ読みましたが、とても読みやすく、『ツァラトゥストラ』と『道徳の系譜』も読みたいなと思っています。

    因みに私、22日が誕生日です!

    • KKc より:

      寒くなりましたね。私は家の中でも上着を着ていたりします。

      『ツァラトゥストラ』はあまり読みやすくないかもしれません。『この人を見よ』は読みやすい印象です。

      来週ですね。フライングになりますがおめでとうございます。