2015年10月第2週 本ランキング【新刊・話題の本】

スポンサーリンク

はじめに

KKc
こんにちは! KKcです。

 こんにちは。ぶっくらぼの週間本ランキングの第二十三回です。

 今週から小説や読書感想文以外の投稿もしていけたらな、と考えています。書き続けられるかわからないですけど。

 こんな感じで→「村上春樹のノーベル賞受賞について

 それはともかく、本の紹介をどうぞ。

2015年10月第2週 本ランキング

※10/2~10/8集計(ぶっくらぼ独自調べ)

第1位 久住昌之『孤独のグルメ2』

KKc
大人気ひとり食べ歩きマンガ。

 最近ドラマが放送されていると思うのですが、なんとシーズン5とのことです。すごいな。

 余計な人間関係やエピソードを盛り込まず、ただおいしいものを食べることが人気の秘訣でしょうか。バラエティ番組の制作にもぜひ生かしてほしい知見です。

第2位 西尾維新『愚物語』

KKc
100%趣味で書いた小説。

 読み方がわかりません。「ぐものがたり」か「おろかものがたり」かな。後者だと「おろかもの」という単語が入っています。

 西尾維新はこういうの好きそうなのできっとこっちでしょう(どっちでもいいので確かめません)。

 あ、こんなのがオープンしたみたいです→「西尾維新オフィシャルサイト

第3位 馬場錬成『大村智-2億人を病魔から守った化学者』

KKc
祝・ノーベル賞ということで。

 2015年ノーベル生理学・医学賞を大村智氏が受賞しました。

 この本を発見したとき本人が著者だと思って(自画自賛!)と勘違いしました。

第4位 『書き下ろし日本SFコレクション NOVA+:屍者たちの帝国』

KKc
伊藤計劃リスペクト。

 伊藤計劃の小説はほんとうに面白いです。そしてたぶん売れている。

 これは伊藤計劃と円城塔による小説『屍者の帝国』の世界観のもとで各作家が短編を書いた本です。

第5位 伊藤計劃 円城塔『屍者の帝国』

KKc
劇場公開中。

 伊藤計劃が冒頭部分を遺してこの世を去った未完の作品を、円城塔が書き継いで完成させた小説。

 死体を動かすワトソン君が世界中を飛び回るらしいです。私は買いましたがまだ読んでいません。

【関連リンク】「登場人物は既に皆死んでいる|『屍者の帝国』伊藤計劃×円城塔」(読みました)

第6位 神永学『心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔』

KKc
もしかして:最強の探偵

 たとえば殺人事件があったとして、その被害者自身に真相を語ってもらえるとしたら、それが最強の探偵なんじゃないのか?と思いましたが芥川龍之介の『藪の中』を思い出して思い直しました。

 死人が嘘をついているかもしれないし、死人が語りたがらないかもしれないし、頭部のない死人はそうするんだ、って感じです。ふつうに推理したほうが楽そうですね。

第7位 池澤夏樹『池澤夏樹の世界文学リミックス』

KKc
表紙が好き。

 表紙にずらっとアルファベットで(おそらく)世界文学の著者名が印刷されています。

 「~~リミックス」と聞くと私は真っ先に音楽を想像してしまうのですが、池澤夏樹って作曲などをするのでしょうか。

第8位 井上真偽『その可能性はすでに考えた』

KKc
しんぎ?

 どうでもよくなかったので調べました。「いのうえ・まぎ」でした。かっこいい。

 英語で言うとかっこよさそうなタイトルです。そもそも何かをを他人に指摘される前に考え対処できる人ってかっこいいと思います私は。

第9位 勢古浩爾『定年後に読みたい文庫100冊』

KKc
対象年齢が広い。

 (この本を欲しい)と感じる人は、きっと定年が見えてきた50歳すぎ以降の男性だと思います。

 すでに退職して(何か本でも読むか)と思っている人にも買ってもらえる可能性があるので、だいぶ対象年齢が広いです。よく考えているなぁ。

第10位 伊坂幸太郎『グラスホッパー』

KKc
グラスホッパーとはバッタのこと。

 11月7日に本作を原作とした映画が劇場公開されるということでランクイン。重版されてます。

 確か『マリアビートル』という続編も出ているはず。そちらもいつか映画化されるでしょうね。

今週のピックアップ! 中室牧子『「学力」の経済学』

KKc
教育経済学とは。

 今週私が読んだ本を紹介するコーナー。今回は中室牧子『「学力」の経済学』です。

 教育を受ける子どもの周りのこと――両親や教師、学校や友だちなど――の影響を経済学を用いて分析。その結果をわかりやすくまとめた本。

 ある時期になると大学生の祖母の死亡率が急上昇する話や、著者が「美人ですね」といわれる特定の状況についての話など、ユーモアもありとても楽しい読書でした。

おわりに

KKc
以上、2015年10月第2週の本ランキングでした。

最新および過去の「週間本ランキング」はこちらから。

記事に対する感想・要望等ありましたら、コメント欄かTwitterまで。

次回の更新は10/16です。お楽しみに!

スポンサーリンク

コメント

  1. けy より:

    なんと! グラスホッパーって映画化するんですか!?
    一か月くらい前にふらりとブックオフに行き、108円で購入して放置してました……。
    井坂作品は『終末のフール』しか読んでいませんが、雰囲気が好きです。
    何が話題になるか分からないもんですね。

    • KKc より:

      『グラスホッパー』は殺し屋たちのアクションシーンが見どころのようですよ。
      映画を観てから読むのもいいかもしれませんね。